専業主婦の人間関係

ママ友

子供を持つ専業主婦には誰しもママ友という、これまでの人生に存在しなかったジャンルの友達関係が出来る。ママ友とは、子供を通じた母親同士の友達関係である。第一子を妊娠出産してから出会い、子供についての悩みを共有したり、育児と家事の合間にお茶を楽しんだり遊んだりする関係だ。気を使わず気の合うママ友と出会えると、それはとても重要な存在となり育児をするうえでは家族以外の心の拠り所となる事も多い。しかし、そううまくいかない事もしばしば。

まずママ友を作る第一歩を踏み出せずに悩んでいる女性は多い。大人になってから新たに親しい友人を作ると言うのは意外と労力がかかる。また幼い子供をかかえている為、なかなか外出できずに人と出会う事すら難しい状況にある。その為、育児支援施設などで育児中の女性が集まる場所や、幼稚園、小学校などで出会いを探す。しかし、ここでもまた壁にぶち当たる。自分と同じ境遇の母親を見つけられるのが理想だが、大抵はすでに仲良しグループになっている母親達の輪の中に飛び込んでいかなくてはならないのだ。

仲良しグループに入れてもらえたとしても、その後の付き合いでまた壁にぶち当たる事もある。たとえばランチ。ランチの値段や頻度は夫の収入額によっては高かったり、そんなに参加出来ないと感じる事もあるのだが、せっかくの誘いを断り辛かったり、仲間はずれにされるのも怖いので無理やり参加してしまうのだ。家計も厳しく夫にも言えず、1人、ママ友との付き合いに悩むのである。