新しい専業主婦の在り方

新・専業主婦志向

家事も育児も大変で自分の時間もない専業主婦。それでも専業主婦志向の女性は増えていると言う。しかし、専業主婦になる条件は明らかに一昔前とは変化してきている。

バブル時代。結婚相手にはいわゆる3高(高身長、高学歴、高収入)が求められた。しかし、経済不況と共に女性の就職難は激しさを増し、職に就けずに将来を不安視する若者が増えた。そこで、就職出来ないなら結婚してしまった方が安心だと、専業主婦志向が高まっているのである。

専業主婦を目指す女性の中には、女性が主婦となり家事をする為に、本当は働いて稼げる給与を犠牲にするのだから、その分の給与を稼いでくるのは当然との見方をする人も多いと言う。そして結婚相手には「十分な給与」と「家事への協力」が必須条件となっているのだ。

さらに、新性別役割分業が台頭してきた。「男は仕事、女は家事」から「男は仕事、女は家事と仕事」を経て現在は「男は仕事と家事、女は家事と趣味的(仕事)」と言う分業志向に突入したようだ。ここまでくると、男性だろうが女性だろうが稼げる人が稼いで、余裕のある暮らしの中で人生を楽しみたいという女性の心理が伺える。育児に対する考え方でさえ、1人目は経験、2人目は1人目の為に、それ以降は人生を楽しむ為のエネルギーを温存したいという考え方になってきているという。

どんな時もどんな状況でも女性は女性として人生を楽しむ余裕を求めているのであろう。それが叶えられたとき、専業主婦の悩みなどはどこ吹く風。きっと誰よりも輝いた人生を送るに違いない。