新しい専業主婦の在り方

女性の社会進出

気がつけば、女性が世に出てバリバリ働いている事が当たり前の時代になった。大学を卒業して企業に就職し、仕事にやりがいを感じた女性は結婚の時期を遅らせてまでも、自分のやりたい仕事を全うしたいと思うようになった。さまざまな業界で活躍し有名になる女性も多く、その姿を観て憧れを抱く若い女性達も増えてきている。

しかし、女性が働き盛りとなる20代後半から30代と言う時期は、本来、結婚し出産し育児をする時期と重なってしまう。多くの女性が一度は悩む事である。仕事をとるか結婚もしくは子供をとるか、究極の選択をせまられるのである。しかしまだまだ社会的サポート体制も未熟であり、仕事をしながら出産、育児と仕事を両立する事は難しい。結局、一時的に仕事を辞め出産と育児に専念せざるを得ないのである。

それでも、一度仕事の楽しさを味わってしまった女性達は社会復帰を望むのだ。そうなると必然的に、家事や育児には夫のサポートが必要となってくる。夫も自分の収入だけでは不安なので妻に働いてもらった方が楽だという考えが定着しつつある。その為か、近年共働きの夫婦も増えてきている。共働きの夫婦は専業主婦糧に比べ、全てにおいて協力しあって生活をしている。なぜならお互いが収入のある対等な立場でいられるからだ。

どちらか一方が稼いでくるより、二人で稼いだ方が家計は楽になり、夫婦仲も良くなる(?)のであれば女性の社会進出はもっと歓迎されてよいはずである。家事や育児だけが女性の仕事ではない。もっともっと社会に影響のあたえられる存在になりうるのだ。