専業主婦の基礎知識

専業主婦とは?

専業主婦とは、賃金労働に従事していない時期の既婚女性を意味する。この中には、賃金労働者である女性が出産育児休暇などで一時的に家庭に入り、家事や育児に従事することになった場合や、定年まで企業勤めをした女性が定年退職後に家庭に入り家事に従事することになった場合も含まれる。近年では親の介護の為に家庭に入り専業主婦となるケースも増えてきている。

専業主婦は、賃金労働に専従する夫の生産活動を間接的に支える家事や育児に従事するものとして、再生産労働者とも言われる。決して直接報酬を受けることは無く、間接的に生産活動に関わる為、企業で言う総務・経理的な立場になぞらえることもある。

専業主婦という概念は、18世紀の英国が発祥とされる。産業革命により長時間労働を強いられるようになった夫に代わり、女性が家に入ることになり「男は仕事、女は家庭」という性役割分業の意識が高まった。その流れから、日本でも高度経済成長期に、女性が家庭を一手に引き受ける存在として「専業主婦」という概念が定着した。しかし、それまでの日本では、ほとんどの女性が農業・漁業を中心とした仕事や、都市部では髪結いや針仕事、行商などの仕事を持っているのが当たり前で、家の中の事も男性を含めた家族全員がすることがごく普通の事であった。

高度経済成長期における「専業主婦」は、当時の裕福さを示す一種のステータスとなり、1970年頃にはその数もピークに達する。この頃には就職した女性でも生活と収入の安定を求め専業主婦になることが定着していた。しかし、バブル崩壊、リーマンショックと日本が経済不況に陥っていくと、夫の収入だけでは生活できなくなった女性達が再び世に出る機会が増えた。「男は仕事、女は家庭」という性役割分業という概念がうまく機能しなくなってきているのである。