育児と介護

両親の介護

家族が健康で元気に過ごすためには、毎日の食事が欠かせない。専業主婦の一番の仕事が日々の炊事である。

朝、夫を職場へ、子供を学校へ元気に送り出す為に、朝ごはんとお弁当作りに精を出す。朝ごはんは一日の力の源となるようにしっかりと食べさせたい。前日の夜から準備しておいたお出汁に味噌を溶かし温かい味噌汁とごはん、野菜とたんぱく質となる魚や納豆を用意。お昼のお弁当は蓋を開けた時の彩と栄養バランスを考え、小さなお弁当箱の中に上手に詰め込んでいく。時には子供を喜ばせようとキャラ弁当など作る。

夕方、夕飯の買い物に出かける。その時期の旬のものを取り入れながら、おいしいものを安く作り上げるのが専業主婦の役目。スーパーでは安売りの野菜や肉をゲットし、翌日のお弁当のおかずを何にしようかと献立を考えなおしたりする。夕ご飯を作る時は、翌朝のご飯の下準備とお弁当のおかず作りも同時にしておく。

こんなことは理想である。実際は、毎日の献立に悩み、インターネットで冷蔵庫にあるもので作れるレシピを検索し、なんとか夕ご飯を作り上げる。お弁当の準備?夕ご飯で残った使えそうなものを入れよう。足りなければまたインターネットで簡単に作れるお弁当レシピを検索しよう。あ~、明日の朝ごはん、夕飯の残りでいいよなぁ。と言った具合だろう。

毎日、一日三食違った物を作るのは本当に大変だ。時にこうやって手抜きをしつつ、日々の料理をこなしていかなければ、料理人以外、やってはいけないだろう。